除毛クリームの一般的な成分とは?

除毛クリームの一般的な成分とは?

除毛クリームによく含まれている成分には「チオグリュール酸」や「チオグリュール酸モニウム」などがあり、どちらもアルカリ性の成分です。

これらにはタンパク質を分解する作用がありますので、ムダ毛を溶かして取り除くことができます。どちらも除毛の働きという面で優秀ではありますが、肌もタンパク質でできていますので荒れてしまうことがあります。

チオグリュール酸は匂いがあまりきつくありませんので、除毛クリームの独特の匂いが苦手な人でも問題なく利用できますし、肌への刺激もやや弱いタイプです。

一般的な肌質の人なら一定期間を空けながら処理を行うことでトラブルもなくムダ毛を取り除けますが、敏感肌の人には負担が大き過ぎる可能性もあります。

ヒゲ除毛クリームは成分が違う?

ヒゲ除毛クリームは成分が違う?

ヒゲ除毛クリームは、通常の除毛クリームとは含まれている成分が違います。通常の除毛クリームは、毛の主成分であるタンパク質を溶かすアルカリ性の成分が含まれております。

しかし顔の皮膚は体の中でも特に敏感な部分ですので、アルカリ性が含まれた除毛クリームを使用すると肌トラブルを引き起こす可能性があります。ヒゲのクリームは、通常の除毛クリームとは違う成分が含まれています。

例えば、脱毛大国と称されるほど、脱毛文化が根強いトルコ発祥の脱毛クリームには、ステアレート・サルチル酸・大豆テインなどの成分が含まれており、水は蒸留水使用することで、肌がデリケートな顔にも使用できます。

顔以外のデリケートゾーンを含め全身に使用することも可能です。

どの成分が除毛に一番効果的なの?

どの成分が除毛に一番効果的なの?

人の肌は部分的に毛が生えているところがあり、肌を露出するような時期は気になることがあります。

そのような場合は毛を処理することになりますが、その方法として除毛や脱毛をすることになります。

除毛というのは生えている毛に対して処理をするということで、脱毛とは違います。脱毛は毛をなくしてしまうという方法で毛が生えてこないようにします。

除毛をしようと考得た場合、毛を剃る場合はカミソリなどを使用するので肌を傷めてしまうことにもなります。

そこでクリームを使った方法がありますがなぜ毛がなくなるのかそれはクリームに含まれる成分によります。

例えば、チオグリコール酸カルシウムという成分が入っていると効果的で、毛を溶かして除毛を行います。